• ホーム
  • ミカルディスやアジルサルタンの使用とDHA摂取

ミカルディスやアジルサルタンの使用とDHA摂取

高血圧治療における近年のトレンドとして、従来用いられてきたカルシウム拮抗薬による降圧治療だけでなく、レニンーアンジオテンシン系に作用する新しい医薬品を用いることが広まっています。
ミカルディスはその中でも優れた医薬品として注目されているものであり、レニンーアンジオテンシン系に存在するアンジオテンシン受容体に対して阻害作用を示すことによって血管拡張を引き起こし、血圧降下作用を示すことが示されています。
同様のメカニズムを示す先発品に比べても特別な効果があるということからその利用が広まってきているというのが現状であり、ミカルディスの市場は着々と広がってきています。
ミカルディスとは異なる点で注目されているのがアジルサルタンの製剤です。
アジルサルタンの場合にはミカルディスのように別の作用があるというわけではないものの、先発品に比べて降圧作用が強いということが臨床的に示されました。
そのため、アジルサルタンはより強い降圧治療が必要とされる患者において使用されるようになってきています。
こういった形で同種の薬であっても状況に応じて新しい医薬品が使用されるようになってきているのが現状です。

一方、こういった治療と並行して必要となるのが個人の降圧や合併症予防への取り組みであり、DHAの摂取はそのために推奨されているものです。
DHAを摂取することによって動脈硬化の予防ができることが確認されており、高血圧に伴う合併症の代表である動脈硬化の予防にDHAの摂取を勧めるというのは高血圧治療における典型的なアドバイスです。
しかし、十分量を毎日摂取するのは難しいことから、サプリメントの開発も行われてきており、多くの人に愛用されるようになっています

関連記事