• ホーム
  • 朝の血圧が高いなら療養指導とミカルディスの服用を

朝の血圧が高いなら療養指導とミカルディスの服用を

患者を診ている医者

血圧は1日変動しています。
日中は比較的安定していますが、朝は血圧は高くなります。
これは、夜寝ることで安静にしていたため、血圧が低めになっていたのが、朝になり、急に体が活動を開始することで、血圧が上がってしまうためです。
高血圧と診断されてミカルディスなどの高血圧薬を服用している方は、病院から高血圧の生活などの療養指導を受けた方もいると思います。
高血圧と診断されたら、1日2回朝と夕血圧を家でも測ってみてください。
夜寝る前の血圧は比較的落ち着いて低めかと思いますが、朝の血圧は夜よりも高くなっていることに気が付くと思います。

この朝の血圧が正常値より高い症状を早朝型高血圧といいます。
心筋梗塞や脳卒中は朝起きた時から午前中に発症のリスクが一番高くなります。
これは朝の血圧が急に上がるためです。
起きたら、ゆっくりと体を起こすようにする、深呼吸をするなどで、血圧の上がり方もゆっくりになり、体への負担も減りますから、血圧をあげないようにする生活も工夫してみましょう。
また、療養指導の中で、温度差も血圧を上げるので、特に冬は部屋を暖めてから、布団から出るようにする、暖かい部屋から、薄着で気温の低いところに急にいったりしないなどの指導も受けているのではないでしょうか。
温度差は血圧を上げる原因になるので気を付けてください。
また療養指導では、食事療法の指導もしており、塩分控えめの料理などを教えてくれますから、参考にして、血圧を上げない食事も工夫してください。
血圧を下げる薬としてミカルディスを服用している方も多いかと思います。
ミカルディスは副作用が比較的出にくい長時間効く薬です。
1日1回の服用で、血圧を長時間コントロールすることが可能ですから、きちんと服用して血圧を安定させるようにしましょう。

関連記事
人気記事一覧