• ホーム
  • 高血圧やその治療効果の判定による減薬とミカルディス

高血圧やその治療効果の判定による減薬とミカルディス

高血圧治療においては血圧を目標血圧に保つという点と原因治療を行うという二つの点が重要視されます。
血圧が高い状態が続いてしまうことによって合併症のリスクが高まることから、降圧剤を用いてリスクの低い領域まで血圧を下げることが治療方針として優先すべきことと捉えられているのがその理由の一つです。
そして、それだけでは根本的な高血圧の回復は達成できないことから、少しずつ減薬を行っていけるように生活習慣を見なおしたり、原因となっている疾患を見つけて治したりするということが必要になります。
こういった治療方針がとられるのが高血圧治療の特徴です。

ミカルディスは血圧を下げるのに用いられる治療薬として代表的なものです。
高血圧かどうかの判定には高血圧治療ガイドラインに沿った年齢や性別などによる基準値が用いられます。
その目標血圧に入っているかどうかもそのガイドラインにしたがって判定され、ミカルディスを通常通りに服用して目標血圧に入っていると判定されればそれで治療が続行されます。
ミカルディスの服用をしながら原因治療も進められていくことにより、徐々に血圧が低下することが期待されるでしょう。
そういった際にはミカルディスが効きすぎてしまうという状況も生じるため、減薬を行ったり、別の薬に変更したりして対応を行っていくのが一般的です。
少量の製剤がない場合には減薬を行うことは難しい場合が多いものの、新しい薬を用いることによって再び適切な用量を確定するにはコストもかかり、リスクもあることから減薬で対応できる場合にはそれが選択されるのが典型的な治療方針です。
そういった減薬を行っていくには患者自身が血圧を自己管理することも大切になります。

関連記事
人気記事一覧